関内のハイクオリティーイメクラの特徴とは

数年前から、風俗店は、格安店、高級店と二分化されるようになったと言えるでしょう。
これは、ホテヘルやデリヘルだけではなく、イメクラなどのお店でも、このように格安店、高級店が分かれていると言えるでしょう。
これは、関内でもこの傾向があると言えます。

関内のイメクラが富裕層に人気

関内には、たくさんのイメクラ店がありますが、イメクラの中でも、やはり人気の高いのがハイクオリティーなイメクラであると言えるでしょう。
なぜなら、基本的に風俗は、中高年の方で通う方が非常に多いといわれています。
風俗に通う客層というのは以前までは若者が中心でありましたが、今は60歳以上の中高年が通うことも珍しくありません。

関内のハイクオリティーイメクラというと、一回の料金が5万円以上が大体の相場であり、一般のイメクラと比較しても高額な価格設定となります。
つまり、一日遊ぶだけでも100万円ぐらいかかるイメクラも存在していますが、こういったハイクオリティーイメクラは、富裕層中心に非常に人気となっています。

安心して働ける店に良い女性が集まる

関内のイメクラには、会員制のお店も存在しています。
通常の風俗は、誰しもが楽しめる風俗であり、お金さえ払えば、どんなお客さんでも利用をすることが出来ます。
しかし、会員制のお店は、お店の雰囲気や、ルールなどを重視していて、ルールが守れないお客さんや、女性が嫌がる行為を繰り返すお客さんは、あらかじめ断っていることが多いです。
このため、女性も安心して働くことが出来るというメリットもありますし、それだけ良い女性が集まるということになります。

さらに、関内のハイクオリティーイメクラは、お客さんだけが、このようにふさわしいかどうか見極められているというわけではありません。
ハイクオリティーイメクラは、お客さんに上質なサービスを提供することが必要であるため、それだけ女性のレベルも求められると言えるでしょう。

女性採用の際に厳重な審査

特にイメクラは、特殊な設定でお客さんに接客をすることもありますので、演技指導などがある場合もありますし、女優や演劇の経験がある方を採用していることもあります。
容姿も重視されますが、コスプレをすることとなりますので、全ての衣装を美しく着こなすことが出来るかどうかも採用で大切となります。

このため、お客さん側も女性に大いに期待することが出来ますし、自分の要望を最優先することが出来ます。
きっちりと教育された女性が男性に最高のサービスを提供するというのが、関内のハイクオリティーイメクラの特徴です。